ミノマイシンは効かない薬って本当? これでニキビは治せない?

投稿者: | 2017年1月8日

ミノマイシンを飲んでいるのに、ニキビに効かない・・・時折そのような声を聞くことがありますが、本当にニキビに効かない薬なのでしょうか?実は、「効かない」というのには理由があったんです。ミノマイシンの効果や「効かない理由」を徹底的に調べてみました。

ミノマイシンはニキビに有効?

ニキビができて皮膚科を受診した際に処方される「ミノマイシン」。市販はされていません。それだけでもなんだか効き目がありそうですが、実際にはどうなのでしょうか?

ミノマイシンとはどんな薬?

ミノマイシンとは世界トップの製薬会社「ファイザー社(アメリカ)」が開発した抗生物質で、ミノサイクリン塩酸塩を主成分とした「テトラサイクリン系」のお薬です。細菌は増殖する際にタンパク質の合成を必要とするのですが、ミノマイシンは細菌内に取り込まれ、そのタンパク質合成を阻害する働きがあり、結果、細菌の生育や増殖を防ぐというわけです。

この効能はニキビだけに限られるものではなく、様々な細菌が原因の病気に有効なため、クラジミアやマイコプラズマ肺炎、リケッチアなどにも有効で、治療に用いられています。

ミノマイシンはニキビに効かない?

では、なぜミノマイシンはニキビに効果がないと言われるのでしょうか。

効き始めるまでの時間

ミノマイシンは、病気によっては効果が表れるまでの期間が少し違ってきます。マイコプラズマならば服薬1~3日ほどで劇的な改善が見られますが、ニキビでは改善まで2週間~2か月ほどかかります。そのため、「治らない!」と感じる人が多のだと考えられます。

効果があるニキビ

ミノマイシンは、赤く腫れたニキビや化膿しているニキビ、つまり重症のニキビに効果があります。重症のニキビは、毛穴の中でニキビの原因菌である「アクネ菌」が増殖している状態ですので、その増殖を抑制し、菌を減少させることで治癒に導きます。

効果がないニキビ

逆に、小さなニキビや白いニキビ、つまり軽症のニキビには効果がありません。

効かなくなるケース

ミノマイシンには薬の効きが悪くなるケースがあります。

 

  • 医師の指示(用法・用量)を守らない

ミノマイシンは、12時間あるいは24時間サイクルで飲むことが大切です。早く治したいから大量に飲む、あるいは治ってきたから服用を止める、などということをすると効果が得られなくなります。治ってきたように見えてもアクネ菌が残っている場合がありますので、決められた期間は服用するようにしましょう。

 

  • 乳製品と一緒に服用

後にも述べますが、抗生物質には胃腸を荒らすといった副作用の可能性があります。そのため、胃粘膜を守る効果がある牛乳と一緒に服用されることがありますが、ミノサイクリンはカルシウムと結合すると、胃で吸収されにくくなり効果が出ませんので、牛乳やヨーグルトといった乳製品と一緒の服用は厳禁です。

 

  • 長期の服用による耐性菌の発生

ミノマイシンのように効き目の強い薬には、長期の服用、または中途半端な治療によって耐性菌が発生する可能性があります。つまり、ニキビにミノマイシンへの耐性ができてしまい、効果が出なくなるのです。中途半端な治療というのは菌を残してしまい、そのために耐性菌が発生しますので、必ず病原菌を絶滅させ根治することが重要なんです。

ミノマイシンの使用の注意

ミノマイシンに限ったことではありませんが、効き目の強い抗生物質には副作用がつきものです。ですので他の抗生物質と同様の副作用が起こる可能性があります。

副作用

ミノマイシンを服用した際に起こりうる副作用をご説明します。

  • 胃の症状・・・胃の不快感、食欲不振、腹痛、吐き気などが見られます。意を荒らしやすいので食後に多めの水での服用を心がけてください。
  • 腸の症状・・・腹痛や下痢をすることがあります。腸内の善玉菌まで殺してしまい、腸内フローラのバランスが乱れるのが原因です。
  • めまい・・・頭痛やめまいなどは割と多くみられる副作用のようです。車の運転をされる方は注意が必要です。
  • 光線過敏症・・・体質によっては紫外線に過敏に反応する症状が現れ、直射日光に当たると皮膚が赤くなったり、シミが増えたりもします。

重度の副作用が現れることはめったにないようですが、上記のような症状が現れたらすぐに医師に相談してください。服薬量を減らしたり、体質に合わない場合は別の薬に切り替えたりする必要があるかもしれません。

医師の指示を守る

耐性菌の発生や副作用などは心配ですが、確実にニキビをなおしたいなら、医師の指示をしっかり守ることが重要です。

ニキビとサヨナラしたい

「この世に副作用がない薬はない」と言われるそうですが、ミノマイシンもまた然りです。ですが、それを恐れて用法・用量を守らないと逆にきちんと治せないんですね!不安なことはお医者様に何でも聞いて、嫌なニキビとサヨナラしましょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です